悪魔研究家

こんにちは、今日も分かりやすく解説していきましょう。にゃんこ大戦争のキャラクター、悪魔研究家についてお話しします。このキャラクターは、シールドブレイカーの能力を持ち、遠距離から安定したシールドブレイクができるのが最大の特徴です。その使える度は、90点と厳しめに評価します。なぜなら、シールドブレイカーの能力を持つレアキャラクターであり、攻撃頻度も優秀なため、敵の実質体力を大きく減らすことができるからです。さらに、ver.12.4での進化により、体力・移動速度・攻撃頻度が大幅に向上し、敵のシールドを破壊しやすくなりました。このように、悪魔研究家は非常に優れたキャラクターであり、戦闘において頼りになる存在と言えるでしょう。

悪魔研究家の特徴

こんにちは、今日も分かりやすく解説していきましょう。にゃんこ大戦争のキャラクター、悪魔研究家は、イベントステージ「メガサターン」クリア後、30%の確率で味方に加わるレアキャラクターです。このキャラクターの最大の特徴は、希少なシールドブレイカーの能力を有していることです。また、射程400と遠距離型であり、遠くから安定したシールドブレイクができるのがこのキャラの魅力でしょう。

悪魔研究家は、他のキャラクターと比較しても非常に特異な能力を持っています。特に、シールドブレイカーの能力は、非常に堅い悪魔シールドがある敵に対して敵の実質体力を大きく減らすことができる点で非常に優れています。

個人的にも、悪魔研究家は私のお気に入りのキャラクターの一つです。その遠距離からの攻撃とシールドブレイクの能力は、ゲームプレイにおいて非常に役立つものです。また、ver.12.4で実装された第3形態では、体力・移動速度・攻撃頻度が大幅に向上し、さらに強力になりました。この進化によって、敵のシールドを破壊しやすくなったことは、プレイヤーとして非常に嬉しい変更です。

悪魔研究家は、他のキャラクターとの組み合わせや戦術を考える上でも非常に重要な存在です。私自身も、彼の能力を最大限に活かすために様々な戦略を練っています。このキャラクターは、ゲームプレイにおいて非常に魅力的な存在であり、プレイヤーとしては欠かせない一体と言えるでしょう。

悪魔研究家の能力

悪魔研究家は、シールドブレイカーの能力を有しています。その発動確率は15%と低いですが、攻撃頻度が1秒ほどと非常に優秀なため、期待値としては約6.67秒に一度発動します。この能力は特に非常に堅い悪魔シールドがある敵に対して効果的で、敵の実質体力を大きく減らすことができます。

また、悪魔研究家は射程400と長い射程を持ち、遠距離から安定したシールドブレイクが可能です。後日、虚無僧ネコがレア枠のシールドブレイカーとして実装されましたが、一長一短ともいえる性能です。しかし、同時編成で安定するという意見もあります。

さらに、悪魔研究家は第3形態が実装され、体力・移動速度・攻撃頻度が大幅に向上しました。射程やシールドブレイク確率は変化せず、攻撃頻度の向上によってシールドブレイクのチャンスが格段に多くなりました。移動速度も3.3倍になったため、素早い切込みと圧倒的な攻撃頻度で敵のシールドを破壊しやすくなりました。

悪魔研究家の進化

ver.12.4にて第3形態が実装され、体力・移動速度・攻撃頻度が大幅に向上した。射程やシールドブレイク確率は変化無しだが、攻撃頻度の向上によってシールドブレイクのチャンスが格段に多くなった。計算上では第2形態までの「約6.67秒に1回」から「約3.14秒に1回」シールドブレイクと大幅な短縮ぶりとなっている。また、移動速度も3.3倍になったため、上記のことも相まって素早い切込みと圧倒的な攻撃頻度で敵のシールドを破壊しやすくなった。

ただし、移動速度の向上は裏を返せば壁キャラより前に出る機会も多くなるので、出撃タイミングや前線が動いた際に突出して敵の攻撃でやられやすい。また、特殊能力の追加が一切無かったため、体力は増えたものの烈波には相変わらず弱く、他のシルブレキャラとの使い分けが必要となる。

もちろん、クリティカルも攻撃頻度の向上によって格段に出やすくなっており、本能を解放したねこジュラザウルスと同等であることは特筆すべきであろう。再生産性や一発の重さ、+値・本能・本能玉による強化といった点ではジュラに劣るので、こちらは攻撃頻度や攻撃発生速度、射程、移動速度の利を上手く活かしたい。