熱血硬派くにおくん

にゃんこ大戦争のキャラクター、熱血硬派くにおくん。このキャラの使える度は満点中90点!なぜなら、レアリティは超激レアでありながら、進化前後で性能が全く異なり、第1形態は接近戦キャラ、第2形態は支援火力キャラとして使い分けができるからです。さらに、このキャラ自体もなかなかの戦力となるため、どんなステージにも連れて行って損は無いでしょう。特殊効果に頼らず戦うタイプなので、古代の呪いを受けても弱体化しないという特徴も持っています。これだけの性能を持つ熱血硬派くにおくんは、にゃんこ大戦争プレイヤーにとって頼りになる存在ですね。

熱血硬派くにおくんのキャラクター紹介

こんにちは、今日はにゃんこ大戦争のキャラクター、熱血硬派くにおくんについてお話しします。このゲームはアクションゲーム「熱血硬派くにおくん」シリーズの主人公が登場するんですよ。その姿は当時のゲームを再現したドット絵で表現されています。

このキャラクターは超激レアなんですが、入手方法がかなり特殊なんですよね。期間限定開催の「熱血!大運動会ガチャ」にて11連ガチャを1回引いた時のおまけとして貯蔵庫へ追加されるんです。なかなか手に入れるのは難しいですが、その分価値のあるキャラクターなんです。

このキャラクターは進化前後で性能が全く異なります。第1形態では接近戦キャラとして、第2形態では支援火力キャラとして使い分けができるんです。どちらの形態も特徴的な能力を持っていて、戦力としてもなかなかの価値があります。

私自身もこのゲームをプレイしていますが、熱血硬派くにおくんは本当に頼りになる存在です。特殊効果に頼らず戦うタイプなので、どんなステージにも連れて行って損は無いんです。また、進化後の第2形態では遠方からの攻撃が可能なので、戦略的にも非常に重宝します。

このキャラクターは原作のイメージを忠実に再現しており、ゲーム内でも非常に使い勝手が良いです。個人的には、熱血硬派くにおくんを手に入れた時は本当に嬉しかったですね。これからも活躍させていきたいと思います。

熱血硬派くにおくんの特徴

このキャラクターは、レアリティは超激レアながらその入手方法はかなり特殊です。進化前後で性能が全く異なり、第1形態=接近戦キャラ、第2形態=支援火力キャラとして使い分けができます。

両形態に共通する大きな特徴として、このキャラ1体で発動できるにゃんコンボ「なめんなよ!」*1があり、効果は働きネコ初期レベル+2と強力です。

このキャラ自体もなかなかの戦力となるため、ネコボンを使う場合を除き、どんなステージにも連れて行って損は無いでしょう。また、特殊効果に頼らず戦うタイプなので、古代の呪いを受けても弱体化しません。

熱血硬派くにおくんの戦力

このキャラ自体もなかなかの戦力となるため、ネコボンを使う場合を除き、どんなステージにも連れて行って損は無いだろう。また、特殊効果に頼らず戦うタイプなので、古代の呪いを受けても弱体化しない。

攻撃方法は「ダウンタウン熱血物語」での必殺技「マッハキック」。射程こそ短いが、全体的に高水準のステータスを持つ。特に攻撃間隔や攻撃発生は極めて優秀で、原作さながら敵と殴り合うことができる。加えて、移動速度も高く、再生産やコストが軽いので取り回しも良い。

ジャンプして「熱血高校ドッジボール部」での代表的な必殺シュート「ナッツシュート」を繰り出す。感知射程が500もあり、ドッジボールのイメージらしく味方に囲まれながら遠距離から敵陣を攻撃できる。また、ダッシュを再現して移動速度が20から30に上がった。前線に素早く駆けつけられるが、突出するリスクがあり、脚の速い相手には懐に潜られやすい。また、射程400以内の敵には攻撃を当てられない。

とはいえ、有用なにゃんコンボを発動しつつ、師匠等の射程よりも遠距離から攻撃し続けられる支援火力キャラというのはかなり便利である。第1形態に劣るとはいえ攻撃発生は相当早く、遠方範囲攻撃であることも相まって敵に攻撃を当てやすい。また、その速い移動速度と遠方攻撃による当てやすさを活かして速攻での敵城削りにも適している。