ネコアイス最強への道

ネコアイス/ネコアイスクリスタル

ネコアイスクリスタル

 

赤い敵100%の停止能力という唯一無二の性能をもち、もともと評価が高かったネコアイスクリスタルですが、本能解放でどのような能力を得たのでしょうか。その詳細を解説したいと思います。

 

もくじはこちら(ステータス/本能詳細)

 

ネコアイスと相性の良い敵キャラは?

敵キャラ名 敵射程/お勧め度 備考

ブタヤロウ
ブタヤロウ

射程 150
お勧め度:

赤い敵の中でも下位ランクのキャラクター。ネコアイスはDPSも高めのため、射程内にいるブタヤロウは楽に撃破することができる。仮に生き残った場合も、100%の確率で停止させるため、非常に相性が良い。

ゴマさま
ゴマさま

射程 170
お勧め度:

体力は低めだが、倍率によっては高い攻撃力でカベ役を楽に撃破するほどの性能を持つ赤い敵。ゴマさまに対して楽に射程勝ちしているため、こちらが一体投じるだけで、ほとんど脅威を感じないぐらいまで封じることができる。

一角くん
一角くん

射程 40
お勧め度:

素早い移動と頻度の高い攻撃で、前線を崩壊させてくるキャラ。赤羅我王とは非常に相性が良く、100%停止がうまくささる。前述の通り、リカバリーが速いキャラのため、ふっとぼしはあまり恩恵がなく、動きを遅くするでもカベ役は削られてしまう。赤羅我王戦においては動きを止めてしまうのが一番有効な妨害手段といえる。

赤羅我王
赤羅我王

射程 150
お勧め度:

素早い移動速度と高い攻撃力・攻撃頻度で攻めてくるキャラクター。ねこ海賊のふっとばすで妨害することは可能だが、相手の移動速度が速く、攻撃モーションも速いため、すぐにリカバリーされて戻ってくる点からみても、あまり妨害の意味はない。他のキャラに任せておきたいところ。

悪の帝王ニャンダム
悪の帝王ニャンダム

射程 500
お勧め度:

長射程から、威力高めの範囲攻撃を放つ赤い敵。こちらの射程が負けているため相性は良くない。取り巻きを撃破後に、近づくことは可能だが難易度は高い、そのような場合は他の機動力のある対赤い敵で応戦した方が効率的。

イノシャシ
イノシャシ

射程 130
お勧め度:

突破力のある攻撃で前線を崩壊させてくる赤い敵。ネコアイスと相性が良く、対イノシャシ戦にはぜひとも投入したい。こちらは再生産も早めのため、2体溜めることができれば、ほぼそれだけで完封してしまうことが可能。ネコアイスがいるかいないかで、イノシャシ戦の難易度は大きく変わる。

エリザベス2世
エリザベス2世

射程 160
お勧め度:

攻撃力は低めだが、高体力を誇る敵キャラ。そこまで驚異な敵ではないため、あえて超激レアキャラを投じるほどではない。エリザベスは元のステータスが低めなため、倍率が上がってもレアキャラで十分対応することができる。

赤井ブン太郎
赤井ブン太郎

射程 200
お勧め度:

赤属性のぶんぶん先生。非常に突破力があるため、停止の妨害は非常に有効。ネコアップルは射程負けしているため、特にネコアイスの重要性は高い。積極的に投入していきたいところ。

レッドサイクロン
レッドサイクロン

射程 90
お勧め度:

目の前に現れるすべての敵をなぎ倒す破壊力を秘めたキャラ。相手は鈍足のため相性は良いが、過信は禁物。+αして、ふっとばすの妨害性能を持つキャラをメンバーに加えると十分レッドサイクロンに対抗することが可能。

コニャンダム
コニャンダム

射程 620
お勧め度:

長射程の範囲攻撃を放つ敵キャラ。コニャンダムの攻撃頻度などからみても相性が悪く、こちらの攻撃を当てるのは難しい。お勧めできない。

教授
教授

射程 501
お勧め度:

射程501の範囲攻撃を、絶え間なく放ってくる赤い敵。教授のDPSは地味に高いため、ネコアイスでは近づくことはまず不可能。教授戦においては、他のキャラを投入した方が良い

カルピンチョ
カルピンチョ

射程 335
お勧め度:

強烈な単体攻撃を放ち、じわじわ進撃してくる攻撃頻度を持つキャラ。カルピンチョとの相性は良く、相手の動きを無効化することができる。しかしながら、カルピンチョが登場するステージは、後方に射程が長いキャラが潜んでいることもあるため注意が必要。カルピンチョは、100%停止で妨害するよりも、超ダメージで早めに処理する方が有効な場合が多い。

バトルコアラッキョ
バトルコアラッキョ

射程 160
お勧め度:

100%の確率でLV8波動を放つ赤い敵。いったん波動が発動してしまえば、バトりコアラッキョに一切近づくことができないまま撃破されてしまう。こちらの停止攻撃を当てるのは難しく。非常に相性が悪い。

キョセーヌ
キョセーヌ

射程 240
お勧め度:

100%の確率で波動を放つ赤い敵。バトルコアラッキョよりもステータ水準高いが、からぶりも少ないため、波動攻撃が決まりやすい。キョセーヌは黒い敵でもあるため、ネコボンバーで止めてしまった方が、楽に攻略が可能。

般若我王
般若我王

射程 800
お勧め度:

100%の確率で攻撃力ダウンを放つキャラ。般若我王の射程と攻撃モーションの早さの関係で、まず間違いなくこちらの攻撃を当てることは不可能。地獄門においては、イノシャシ停止役と割り切れば使用する機会はあると捉えて問題ない。

ヒウマ
ヒウマ

射程 800(1200〜1500)
お勧め度:

かなりの遠方に遠方範囲攻撃を仕掛けることができるキャラ。懐の潜れば、攻撃を当てることは可能だが、その状態まで近づくことが出来れば、動きを止めなくてもさほど脅威ではない、素早く赤い敵を処理できる「魔剣士」を投入した方が攻略はスムーズといえる。

 

 

目次:ネコアイス/ネコアイスクリスタルの詳細

 

 

 

ネコアイスクリスタルの総評価

 

体力

 

LV30 34000
LV40 44000
LV50 54000

攻撃力

 

LV30 30600
LV40 39600
LV50 48600

 

DPS(1秒あたりの攻撃力) 5016

KB(ノックバック)数 3回

速度 8

射程 425

※第一・第二形態は325

攻撃範囲 範囲攻撃

コスト 3300

攻撃頻度 6.1秒

攻撃発生 1.80秒

再生産 58.20秒

特殊能力

対 赤い敵 100%の確率で120〜144F動きを止める

ネコアイスクリスタルの本能

一度だけ生き残るを習得 → イチオシ

この能力は基本的にどのキャラについても、プラスの要素に働く、デメリットのない優秀な能力のひとつです。射程勝ちしているステージであれば、復活後もイノシャシやカルピンチョ、赤羅我王などに対して良い仕事をしてくれます。(射程は第三形態で425)
対教授やニャンダムには、復活後もすぐに撃破されてしまうので要注意。生き残る確率100%というのも嬉しいところ。

 

動きを遅くする耐性

対赤で動きを遅くする敵と言えば、教授を連想させますが、MAX70の耐性では、近づくまでにノックバックしてしまうため非現実的。現時点では有効な使用場面が見えない。

 

古代の呪い無効

こちらもver8.2時点では、赤い敵と古代種が混載する高難易度ステージが見当たらないため、使用場面が見えない。今後の真レジェンドステージに期待。

 

基本ステータス本能解放(×20%アップ計算)

  • 一度だけ生き残る 100%  消費NP235
  • 動きを遅くする耐性(時間減少%)70% 消費NP175
  • 古代の呪い無効100%消費NP100
  • 基本体力アップ20%消費NP175
  • 基本攻撃力アップ20%消費NP175

本能解放のステータス:LV30

体力34000 → 体力40800(本能解放)
攻撃30600 → 攻撃36720(本能解放)

 

本能解放のステータス:LV40

体力44000 → 体力52800(本能解放)
攻撃39600 → 攻撃47520(本能解放)

 

本能解放のステータス:LV50

体力54000 → 体力64800(本能解放)
攻撃48600 → 攻撃58320(本能解放)

 

 

にゃんコンボ

暑い日も涼しく(ネコアイス、にゃんこ旋風)動きを止める効果時間+10%上昇
キング&クイーン(ネコキングドラゴン、ネコアイスクイーン)働きネコ初期レベル+1

 

 

追記:完全停止が可能なキャラ

動きをとめる効果アップ 中 + 小 で可能

組み合わせ例:キモモモ(キモネコ、狂乱のキモネコ、キモマロ) + 暑い日の涼しく(ネコアイス、にゃんこ扇風)